タピオカの歴史をたどる

タピオカの歴史をたどる

2019年。都会を歩けば必ずと言っていいほど
タピオカドリンクを持った人とすれ違います。

タピオカブームは日本だけではなく、
韓国、東南アジア諸国、北米、ハワイ、
アフリカなどでも販売されています。

そんなタピオカの誕生は意外と最近ではなく、
ブーム自体も今回だけではありません。

この記事ではタピオカの歴史をたどり、
タピオカの秘密に迫っていきたいと思います。

タピオカの誕生は諸説ありますが
1983年に台湾台中市にある喫茶店春水堂のオーナー劉漢介さんが
発案したものがルーツを言われています。

「清涼飲料水に対抗できる中国茶」ができないものか、
オーナーが開発を始めていたところ、
サトウキビと氷と紅茶をシェイクすると
香り高いミルクティーができることを見つけました。

そこに台湾で昔から食べられていたタピオカを入れたことで
現在のタピオカミルクティーが誕生しました。

1987年に春水堂が正式にタピオカミルクティーを販売すると、
たちまち人気に火がつき、台湾全土に店舗が広がっていき、
発祥からわずか10年で台湾の代表的な飲み物として
多くの人に親しまれるようになりました。

1990年代には日本にも進出。
当時は中華街の店頭などで販売されていた程度でしたが、
2000年ごろになるとコンビニエンスストアでも見かけるようになります。

2013年にはタピオカティーの発祥である春水堂が
日本に初出店し、現代の日本ブームのキッカケになっています。

そこから少しずつ原宿や渋谷、表参道など
流行最先端の地に続々とタピオカティー店が登場し
認知度も高まっていきました。

そして2018年にタピオカティーがインスタ映えすると話題になり、
急激なブームが巻き起こります。
SNSの普及によって人が人を呼ぶ状況になり、
どのお店でも長蛇の列ができるほどになりました。

また、一言でタピオカティーといっても
お茶の香りが高いものであったり、
岩塩やクリームチーズがトッピングされていたり、
お店によって様々な工夫を施しています。

お店ごとに違った楽しみ方ができるのも
タピオカティーの大きな魅力になっています。

都市部だけではなく郊外や地方にも
続々とタピオカティー店が出店しているので
この余波は全国にも広がってきています。

36年の歴史で台湾でも日本でも
広く親しまれるようになったタピオカティー。
これからもどのように人々に愛されていくのか。
注目していきたいですね。


関連記事


郡山の人気タピオカ店ランキングTOP3


カテゴリー